トランスメディア提供アイコン01 鳥羽、そして伊勢

f0052269_20441549.jpg
運良く予約が取れたので、三重県鳥羽の石鏡(いじか)温泉に行ってきました。

観光計画も決めないまま出発。信楽を抜け、名阪国道から伊勢自動車道を辿り、急に思いついて、ん十年ぶり(緑茶のオーナーは初めて)となる二見の夫婦岩へ。
「小学校の修学旅行以来だ」と話しながら目的地に到着。
夫婦岩のある「二見興玉神社」(ふたみおきたまじんじゃ)では節分祭が行われており、地元の方々で賑わっていました。




冬のためか眼下の海水も澄んでいて、太平洋を背景にした夫婦岩は中々お洒落な風景です。
f0052269_20443856.jpg
二見を後に、鳥羽を抜け、2006年7月より全線無料開放されたパールロードのワインディングを楽しみながら辿り着いたのは石鏡温泉「ホテルいじか荘」
f0052269_2055825.jpg
海に向かって高台に立つこの宿は、テラスや部屋から太平洋や渥美半島が望める雄大な眺望。晴れた日には富士山も見えるそうです。
僕たちが着いた日も雲ひとつない快晴でしたが、夕方だったためか富士山は見えませんでした。
f0052269_20453445.jpg
ホテルのすぐ横には石鏡燈台が立っています。ホテルの併設施設のように見えますが、元々は石鏡港を見下ろすようにポツンと燈台があり、後からホテルが建てられたそうです。
f0052269_20485910.jpg
大浴場からの眺望も素晴らしいので、明るい時間帯に入浴するのがお薦めです。
f0052269_20493610.jpg
翌日、ホテルを後にして最初に向かったのは「海の博物館」
ここでは日本建築学会賞など様々な建築賞を受賞した展示館(5棟)の中に、<海民、木造船の世界、漁具と漁法、海の環境を守る>の4つのテーマで様々な海と人との関わりが展示されています。
f0052269_20524877.jpg

実際に中に入ることが出来る潜水艇
f0052269_20501061.jpg
牡蠣の貝殻で作成された龍
f0052269_2050294.jpg
収蔵庫に並ぶ全国各地の船
f0052269_20505097.jpg
次に向かったのは伊勢市の近鉄宇治山田駅の近くにある「伊勢川崎商人館」
f0052269_2051534.jpg
ここは江戸時代から問屋が集まって栄えた商人の町で、現在は“観光資源として活用し、古い町並みを保全しよう”との「NPO法人伊勢河崎まちづくり衆」の取り組みによって、川沿いの約4kmの町並みの中に、ギャラリーや商店として活用される明治・大正の民家が点在しています。
f0052269_2052933.jpg

伊勢神宮と夫婦岩しか知りませんでしたが、探せば色々と魅力はあるようですね。
[PR]

by ryokucha986 | 2007-02-05 21:13 | 雲◆Other's その他

<< ぽかーんの集い in 加太国民... モアルボアル de ダイビング... >>